おやじ不動産とは

今年も一年当社と取引をいただき誠に有難うございました!!

年の瀬を迎え、今年も残すところあとわずかとなりました。

平成30年の営業は本日12月28日(金曜日)までとさせていただきます。

 

今年一年当社と取引をいただきました沢山のお客様に、

この場をお借りいたしまして感謝申し上げます。

 

 

 

今年は当社にとり激動の一年でありました!

5月14日に事務所を現在の長野市鶴賀田町に移転し、ホームページのリニューアルをして

『おやじ不動産』なる屋号のもと、須田と樋口の2人のおやじしかいない『町の不動産屋』で

あることを大々的にアピールさせていただきました。

町の不動産屋イコール怖い、敷居が高い、強引などマイナスイメージしかありませんが、

おやじ2人の顔を思い切って出したり、この【おやじ不動産ブログ】を書くことにより、

少しでも知っていただけるよう努めてまいりました。

 

大手不動産チェーン店が出店してからの、長野市内の不動産業者勢力図はあっという間に

変わりました!

賃貸物件と言えば、○○不動産や○○開発と言われていた時代が懐かしく思える程、

本当に数年で様変わりしました。

アパートやマンションには地元不動産屋の看板が1枚だけ付いていたものが、見る見るうちに

緑、赤、青の大手不動産会社の看板に変わっていきました。

原因は一つ!知名度です。

「不動産探しは○○へ!」と毎日毎日TVやラジオでCMを流されたら、お客さんはそのお店に

行ってしまいますよね。

そこに対抗しようとする私達には無理があり、完敗でした。

同じ土俵での勝負は諦め、違う方法で何か良い方法は無いか模索していた時に、

「CMは無理だが自分たちが広告塔になり表に出てしまえ」と半ばやけくそ気味で

写真をさらけ出したのです。

大勢の方に顔を見ていただく機会なんて自分の結婚式以来で、2人とも緊張した面持ちでの

写真ですが、こんなおやじ2人で営業している不動産屋ならばと足を運んでいただける

お客様が増えてきて本当に感謝しています!!!

賃貸仲介のほとんどは企業社宅の斡旋が多いため、個人のお客様に直接ご来店いただく

ケースはそれ程多くありませんでしたが、顔出し効果なのか、ブログ効果なのか、

個人のお客様に来店していただくケースが増え、おやじ2人はびっくりした年でした。

 

お2人での新しい門出を迎えるため、新居選びに来店いただいたT様、

ご家族一緒の生活から独立をしていくために来店いただいたH様、

ご両親からの紹介で来店いただいたN様、その節は本当に有難うございました。

本当に2人しかいない不動産屋での物件選択にはきっと不安もあったと思います。

契約の内容を説明する際には、皆さまもやや緊張気味でしたが、説明する本人は

もっと緊張していました・・・!

 

賃貸物件の管理をさせていただいている大家さんからは、

「リアルトさん。お互いに年を重ねていくけど一緒に頑張ろうね!!」と、

励ましやら心配をいただいています。

こんなおやじだからこそと頼りにしていただける大家さんがいて下さることを

本当に感謝しています。

大家さん宅にお邪魔しても仕事の話しよりも、病院や温泉の話しがほとんどですが、

大切な資産を預けていただいている責任をしっかりと胸にきざみ今後も努力してまいります。

 

数多くの不動産屋がある中で当社に大切な不動産をお売りいただいたお客様にも

感謝申し上げます。

「不動産の終活をしていきましょう!」とブログでも言わせていただいていますが、

実際に自分に置き換えてみれば、そう易々と決断できるものではないと思います。

何十年とかけて築きあげた大切な資産を売却するには勇気が必要です。

でもその勇気は一瞬で良いんです!!

ご自身が元気なうちに判断して頂ければ『負動産(不動産)』にならずに済むかも

しれませんし、『争続(相続)』の基にもなりません。

活用されていない不動産をご所有の方は、お正月にご家族皆さんが揃ったところで

一度お話ししてみてはいかがでしょうか?

 

平成という時代の年末も今年で最後となってしまいました。

明ける年が皆さまにとって良い年となりますことを祈願し、

今年一年の御愛顧に心より感謝申し上げます。

 

平成30年12月28日
リアルト長野有限会社
代表取締役 須田 智章
専務取締役 樋口 正志