おやじ不動産とは

中心市街地の大型スーパーイトーヨーカ堂長野店閉店へ!!

こんにちは。

おやじ2人で毎日頑張って営業中!

おやじ不動産こと不動産屋リアルト長野の

樋口 正志  です。

 

 

市内中心部権堂町に昭和53年にオープンし、現在も市民の生活拠点となっている、

イトーヨーカ堂長野店が令和2年6月を目途に閉店するというビッグニュースが飛び込んできました!!

現在のように娯楽施設も大して無い時代だった中学生時代の楽しみと言えば、ヨーカ堂の5階にあるゲームセンターで、まわりにいる少し年上の高校生に絡まれないように注意しながらコインゲームで遊ぶことでした。

当時は権堂町もかなりの賑わいで日曜日ともなるとヨーカ堂も溢れんばかりの買い物客で賑わっていたのを思い出します。

地下にはヨークマツヤ(マツヤからデリシアになったスーパー)が入店し、買い物をする母親を待つ間に食べたソフトクリームの味が懐かしいです。

いつの頃からか権堂は人通りが少なくなってしまい、夜ともなると閑散とした、本当に寂しい町になってしまいました。

自ずとヨーカ堂からも買い物客が少なくなり、いつ行っても人影もまばらな状態でした。

数年前にヨーカ堂周辺に大型映画館が造られたり、既存ビルの再開発で分譲マンションが建設されたことにより人が増えていき、これでヨーカ堂も一安心かと思われましたが、根本的な部分での改良が出来ていないので駄目だったのでしょう・・(´・ω・`)

そしてこれに伴い、ヨーカ堂から徒歩5分程度のボーリング場跡地に建設している分譲マンションの販売にも暗雲がたちこめてくる予感・・!

マンションを購入しても、買い物できるスーパーが近くになければ生活に困ってしまいます。

この物件はコンビニも近くにないので、何か買うとなると必ず車が必要になってしまいます。

郊外の一戸建に住んでいた高齢者の方が、鍵ひとつで管理できるマンションが良いと移住しようと思ったら、スーパーが遠いのではさらに大変です。

運転免許証の返上もうかうか考えていられません。

スーパーが閉店してしまう事で不動産市況にもかなりの影響がでてきます。

子供の頃からお世話になったヨーカ堂が閉店してしまうことがショックなおやじでした。

 

それでは~。

おやじ不動産こと、リアルト長野のホームページはこちら