おやじ不動産とは

本日の不動産相談~仲介手数料を払うべきか、払わなくてもいいのか?~

こんにちは。

おやじ2人で毎日頑張って営業中!

おやじ不動産こと不動産屋リアルト長野の

樋口 正志  です。

 

当社と全く関係の無いお客さんから、2件、同じような問合せがありました。

2人ともほぼ同じような内容で、所有している不動産の売却を依頼している不動産屋があるのだが、ちっとも売却が出来ない。

言ってくるのは「値段が高いからもっと値下げすれば早く売れますよ!!」とだけ。

頼んでしまったので仕方なく我慢をしているが、いい加減しびれを切らし、自分で友人知人にあたり購入者を探してきたのだが、こんな時は頼んでいる不動産屋に仲介手数料を支払うべきか?おやじ不動産さん、教えて欲しいのですが、とのこと。

この質問はなかなか難しいですね。

当社に聞いてこられた方にしてみれば当社の回答が、イコール頼んだ不動産屋への回答になるだろうし、「リアルト長野に聞いたら、こう答えていたよ」と必ず当社の名前が出るだろし。

「満額支払うべきですよ」と回答したのが先方の不動産屋に伝われば、「リアルト長野様いい事言ってくれたね」にはなるのだろうけど、本音を言えば別に支払う義務もないからそのまま放置しておけば、と回答したいのですが・・・。

不動産を売却する場合の不動産屋への依頼方法としては、一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約の三種類があります。

簡単に説明しますと、

一般媒介契約は複数の不動産屋にお願いでき、自分で購入者を探せます。

専任媒介契約は一社のみしかお願いはできませんが、自分で購入者を探せます。

専属専任媒介契約は一社のみしかお願いできませんし、自分で見つけた購入者でも不動産屋を通して契約をします。

質問者の方が、不動産屋とどのような媒介契約を締結していたかは不明ですが、一般媒介契約や専任媒介契約であれば、基本的には仲介手数料の発生はなく、個人間で売買契約を締結すれば完結します。

ただ、不動産屋でも売却をするために新聞広告や有料の不動産サイトへの広告等、経費もかかっているわけで、自分で見つけたから手数料は払わないと言うのは少し酷な気もします

当社のお客さんであれば、事前に媒介契約の内容を良く説明させていただき、契約に至らない場合でも実際にかかった経費の負担をどのようにするか打合せいたします。

が、あくまでも他の不動産屋との関係なので恐ろしくて明確な回答をすることは出来ません。

「その不動産屋と良く話し合って下さいね」と返事させていただき相談会は終了です。

これから物件の売却を検討している方へのアドバイスをするとすれば、売却をお願いする時には手数料はどうなるかを良く確認して媒介契約を締結することを強くおすすめします。

不動産屋は手数料が命ですから。

 

それでは~。

おやじ不動産こと、リアルト長野のホームページはこちら