おやじ不動産とは

土地の境界をきちんと決めて気持ち良く測量してもらいましょう!!

こんにちは。

おやじ2人で毎日頑張って営業中!

おやじ不動産こと不動産屋リアルト長野の

樋口 正志  です。

 

 

ご縁がありこの度当社で購入させていただいた長野市三輪6丁目の不動産ですが、古い家屋の解体も株式会社佐藤創建様によって無事終了し、きれいな更地となりました。

長野市役所、隣地および近隣住民の方に立ち合いいただき境界の確定も無事に済み、当社顧問の市橋北村測量事務所にて測量の手続きにはいります。

隣地の方々には事前に当社がこの不動産を購入させていただいた挨拶と、近日中に境界確定をさせていただくお願いをしております。

 

市橋先生を通じ長野市役所へ立合申請をするのですが、これがなかなか時間がかかりおおよそ1ヶ月から1ヶ月半先の日程が組まれてしまいます。

不動産を売却するにあたり、土地の境界確定や測量は必須となっていますので、売却を御検討されている方は自分の思い通りの日程が組めない場合もありますので十分に余裕を持って売却の日程を組むことをおすすめします。

今回の境界確定では当社分は特に問題なく決まり、コンクリートにプレートを打ち込んだり、境界杭を組み込んだりして次に購入された方への引継ぎも心配ないようにしています。

副産物として当社には直接隣接する方ではないですが、立ち合いをされた方々で境界がいまひとつはっきりされていない方もおられましたが今回の立ち合いで双方が円満に話し合いをして無事に境界決定された方もおりました。

普段何気に過ごしてしまう土地境界ですが、

次の世代に引き続ぐには

はっきりとした境界確定が必要です。

売却する時に慌てるのではなく、いつかお隣との境界を確認される時間を持ちましょう。

今日の三輪6丁目はいずれ何をするかブログで発表しますね。

 

それでは~。

おやじ不動産こと、リアルト長野のホームページはこちら