おやじ不動産とは

「だらしない」や「知らなかった」で税金を収めないってどうなの?

こんにちは。

おやじ2人で毎日頑張って営業中!

おやじ不動産こと不動産屋リアルト長野の

樋口 正志  です。

 

お笑い芸人が何年間にもわたり国民の義務である『税金』を収めていないという衝撃的な事実が発覚いたしました。

本人の言い訳としては『自分のだらしなさや無知』とか『税金を納めることを知らなかった』等、聞いてるこちらが笑ってしまうようなお話しです。

税金を支払わないって良いですね。脱税とか節税を超越した『納めない』方法。

しかも知らなかったや、だらしないで言い分が通る。逮捕もされない。

会社を経営している人にとって一番大変なのが税金を納めることだと思います。

毎年毎年、決算が終わったらすぐに税金支払いの準備にとりかかり、場合によっては金融機関から借り入れまでして納めなければいけません。

それを『だらしない』、『知らなかった』で言い訳している40過ぎのおっさん。

こいつはどうなの?これで良いの?

アパート経営をしている大家さんだって毎年12月末になってくると税金の心配つきないですよね。

家賃収入があるのは嬉しいけど経費計上できる金額が少なければ、結局税金を支払うことになりますし、税金を支払う為に事業をしているようなものですよね。

そんな大変な思いをしている大家さんが一切税金を納めず『知らなかった』では済まないはず。

私たちも戸数は少ないものの賃貸経営をしていますが、なかには耐用年数が過ぎた建物もある為、このような建物は減価償却も認められないため大きな経費が他には見当たりません。

その為退去がある都度室内リニューアルをして、『建物維持』というきちんとした名目でお金をかけて経費として認めてもらいます。

経費としては認めてもらえますが、掛けた工事費用を回収するには更に数年間も掛かってしまいますから痛し痒しです。

しかし、税金を納めるということは今回のような身近でおきてしまった災害時に復興費用として使われていると実感できれば本当に納得できるものです。

この芸人はこれからもテレビに出続け何かをしゃべるでしょうが、顔を見る度に

『税金納めろよ!!』

と言ってしまうでしょうね。

 

それでは~。

おやじ不動産こと、リアルト長野のホームページはこちら